無料
エロ
動画

生足写真室へようこそ

おもしろエロ川柳で贈る、生足・足裏・つま先にこだわる足フェチBLOGです。パンスト画像、アイドル生足、芸能人生足など盛り沢山!

利用規約

このブログを通報

Report Abuse

エログ

フルHDエロ動画

ブログ

チャットレディーブログ

DXJOBのお仕事

アダルトSNS モンロー

古い校舎と生足先生

2007年10月10日(水) 11:38



『学び舎に 生足で立つ 先生が』

学校の先生の生足画像



生足写真室、管理人の思い出


小学校3年の時、担任の先生が出産のため休職した。

その間、葉子先生という若い臨時講師が来たが、
とても綺麗な先生だった。

真夏のとても暑い日だった。
最後の授業が「体育」だった。

授業が終わって、帰りの会をやる時に
スカートで現れた葉子先生が生足だった。

理由は分からないが
なぜかとても刺激を受けたのを覚えている。

そして、見てはいけないものを見ているような
罪悪感もあったようなきがする。

真っ白い足はとても綺麗で、
爪先から太ももまで何回眺めたか分からない。

さらに椅子に座った先生がサンダルをずらし
生足で遊ぶような仕草に僕は釘付けになった。

第2指が長く、爪は少し伸び気味だったと思う。
ズック靴を脱いだ直後だったので蒸れていた。

足首には靴下のゴムの後がくっきりついていた。

時折、窮屈そうに動かす指の間に黒いものが
付着していた。

ストッキングの繊維だろうか

それとも汚れだろうか

綺麗な顔と真っ白い足、形の整った爪先、
・・・しかし・・・指の間は汚れてる。
一番前の席にいた僕は立つ事が出来なかった。

葉子先生は全く見られていることが意識にない。

床から20cm位あいた机の隙間から見ているので
僕は覗きの心理でドキドキになる。

当時、大人の女性は皆ストッキングをはいていたので
生足でいることは殆どなかった。

そのときの刺激が忘れられず
体育の授業が終わると生足で現れる葉子先生を期待した。

しかし、いつもそのままのジャージで
次の授業をした。

そんな事が何回か繰り返されるうち
いつしか、僕の記憶から消え去った。

その後、生足のことは考えなくなった。

普通の小学生に戻ったということである。

。。。。。。。。。。。。。。。。。

6年生になった時、ある事件が起きた。

その事件が、
僕の潜在意識を再び呼び戻す事になる・・・・


続きは、またいつの日か


+------------------------------------------+
つまらない話をしてしまいました。
生足ファンの皆様ゴメンなさい。
+------------------------------------------+


万が一共感されましたら
下のランキングボタンを押して
僕のやる気に
火をつけてください。↓↓

「古い校舎と生足先生」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
何でも見せたがる女の生足画像 (2007/10/28)
僕の職業は農業さ (2008/05/16)
真っ赤なペディキュアの女の子 (2008/01/08)
コメント

⇒裕二さんへ

コチラの地震の被害は、内陸なので殆どありません。
色々ご心配していただき有難うございます。

皆さん、それぞれ幼き頃の思い出があるものですね。

共感します

このたびの東北東関東大震災、管理人様と御地の被害を大変心配しております。
本来、見舞状におきましてこのような文面は失礼にあたるものですが、
それでもあえて何もしないよりは好ましいと筆を執った次第であります。
私、裕二も小学生時代(3〜4?)に管理人様と似たような経験があります。
可愛い系のH先生が突然辞任して、私好みの綺麗系K先生が担任になりましたが、
なぜか男子生徒にサッパリ不人気でK先生も寂しそうでした。男子には前任のH先生がよほどお気に入りだったようで、学級委員長や班長など管理職?が総辞職。(イジメかこいつら…?)しかし個人的美醜以前に、大勢の男子で一人の女性担任を虐めるなど言語道断、
いかに暴力嫌いな私でもこれは許せず、一度に20人相手では不利、裕子のアシストもあり、7人づつ校舎裏に呼び出して武力制裁実行によりクラスは平和になったものの、
結果として、裕子委員長に裕二副委員長という新体制は……?
悔しいようでうれしい。ううっ、やはり裕子のほうが一枚上手なのでしょうか?
ますます裕子(Sではない)に頭が上がらなくなった私でした。

⇒足フェチ維新さんへ

お褒め頂き恐縮です。
そして色々、楽しみましょう。

話は変わりますが、
僕は足フェチに限らず、フェチって完璧主義者が多いような気がします。
自分がそうだから、やや決め付けている面もありますが。
そこで完璧主義者の簡単な判断の仕方を教えましょう。(心理本の受け売りですが)
ご飯を食べるときおかずを片っ端から片付けるように食べていく人は
おおむね完璧主義者のようです。

僕もあちこち突っついて食べるのが嫌いで
一皿一皿片付けていくタイプなので
その本を読んだとき、なるほどと思いました。(笑)

大変勿体無きお言葉誠にありがとうございます。
管理人さんの毎回の川柳形式もネタが大変豊富で本当に頭が下がります。

以前から思っていたのですが
足フェチの皆様方の幼い頃の思い出話を見かけた時
大抵同年代位の女の子のことでなく
先生等の大人の女性のお話が実に多いと結構驚いた次第です。

確かに特に学校の先生等の場合、勤務中校内を素足で過ごすのは
今も昔もタブーに近いような気がしますから
何となくその希少性の感覚は分かります。
ちなみに先日私が熱く語った想い出は90年代前半頃ですね。

あの書き込みをした後、他の画像のコメント欄に目を通してましたら
管理人さんが東北の方にお住いと書かれてましたので
ご出身もそちらでしたら靴下を履かずに登校して来る女の子は
気候的に少なかったのでは?と予想してました。

私が小学校の時も担任ではなかったですが
足首を捻挫した女の先生がその治療期間中の一ヶ月位の間
両足とも素足で過ごしていたのは見たことがありました。

ただいかんせん私の場合今日に至るまで対象年齢が低いものでして
ひたすら同じクラスの子や下の学年の子等に気が行ってました(笑)

lovesoleさんへ

コメント有難うございます。

このてのブログにはなかなかコメントが
入ってきませんので、大変嬉しく思います。

そして、同じような体験があるというので
とても親近感が湧いてきます。

僕も同学年より大人の足にゾクゾクするものを
感じていました。

でも、時にその感覚は薄れていた事もあります。

中高生のあたりは、皆と同じように
おっぱいやお尻、あそこに興味津々だったです。

ですから自分を足フェチと自覚したのは
ずうっと後になります。

おっぱいフェチとか尻フェチは口に出しても
不思議はナイのですが、なぜか足フェチは
言いにくく、一人だけの楽しみにしていました。

写真も溜め込んでいましたのでBLOGで公開
する事にしました。

そしたら以外に同輩が沢山いるんですねえ。
最近ネットから抜け出せないでいます。

また、遊びに来てください。

お邪魔します。

初めまして。お邪魔します。

思い出話、読ませてもらいました。
私も同じような経験をしています。小学校時代、女性の先生の生足が、妙に気になったのを記憶しています。(特にプールの時間で)
そして、管理人さんがおっしゃるように、私も小6頃、性に目覚めた(?)時、女性の生足(特に足裏)に、何とも言えない気持ちを抱き、現在に至っています。(笑)
ちなみに、小6の時、移動教室のホテルで、当時20代半ばの担任の先生(←私は、その先生が好きでした)の足裏をモロに見たのです。嬉しいやら、照れくさいやら、見てはいけないものを見たような、何だかドキドキしたのを覚えています。
今となっては、良い思い出です。(笑)

また、お邪魔させていただきます。

有難うございます。

>>生足写真室応援隊さんへ
応援有難うございます。
ちょっと路線が違うなと心配しておりました。

一人でもファンがいたとすると
近々に再会したいとおもいます。

ランキングまで押していただき感謝です。

このランキングって難しいですね。
なかなかあがってくれないんです。

っていうか、単に評価が低いという事
かも知れませんが。

公然とだましクリックを仕掛けたりしている人も
いますが、僕はどうもそのような事が
苦手なものでして(笑)

でも本当に素晴らしいブログは常に上位にいるようですね。

また遊びに来てください。

毎日チェックしています

少し更新がないと心配になります。
是非この続きを書いてください。
期待してます。
ポチッとしていきます。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
close